アクセス数が1億万に達するほどの大人気だったスタービーチ。それだけたくさんの人が書き込めた理由は、書いた人の名前が分からないという点にあります。

出会い系サイトで実名を義務つけるメリットはありません

今でも実名を義務付けているサイトはfacebookを始めとするわずかな場所しかありません。本名であることのメリットとして以下のようなものが挙げられます。

  • 行動に責任が持てる
  • 主張や情報の信用度が高い
  • 創作活動の場合は企業からオファーや依頼を受けやすい
  • 実生活に近いコミュニケーションができる

しかし、これらのメリットは出会い系サイトではほとんど役に立たないものです。援交をする少女からすればむしろ責任から逃れたいはずですし、意見の主張や情報の提供、創作をする場でもありません。その場限りの関係で終わりにしたいという利用者も多いため、実生活から離れたコミュニケーションをとりたい方も大半です。

インターネット上で本名を使ってやりとりするということはほんの一部の場でしか役に立たないことでしょう。スタービーチでは住まいや誕生日、血液型などのプロフィールを記載することがないため、匿名性がより保たれた環境でした。

実名での利用が基本のコミュニケーションツール
フェイスブックアイコン■ Facebook(フェイスブック)https://ja-jp.facebook.com/
友達や職場関係者、昔の同級生などとコミュニケーショんをとるためのツールですが、出会いを探ために利用する人もいます。


グーグルプラスアイコン■ Google+(グーグルプラス)https://plus.google.com/about?hl=ja
自分が興味のあるもの、趣味で気が合いそうな人たちと交流ができるツールです。世界最大の検索サイトGoogleがサービス配信しています。

◆援交目的の場合、実名記載はデメリットしかありません

目的が単にメル友探しだったら恥ずかしいという程度で住みます。しかし、セックス相手を探しているとバレたら大変なことになるでしょう。たくさんの利用者が見ている掲示板です。実名を書けばあっという間に噂が広がってしまうはずです。。

実際にハメ撮り動画が流出してしまった女子学生は、同期から性的なアダ名を付けられ、常に後ろ指を差される生活を過ごすことになったそうです。これが高校生なら停学・退学も考えられるでしょう。

メル友探しだけでなく援交目的でも大人気だったスタービーチ。実名が義務付けられていたならここまで人が集まることはなかったでしょう。匿名性のある掲示板だからこそ利用者が増えたと言えます。