実際に出会えるかどうかはメッセージやプロフィールで決まると言っても過言ではありません。書き込めばすぐに出会えたスタービーチ時代と比べて、文章の書き方を工夫する必要があるでしょう。

出会える文章の書き方をマスターしよう

実際に出会いたくなるような文章の書き方の参考例を紹介していきたいと思いますが、文章だけに焦点を絞るのではなくまず女性の目に最初に入ってくるタイトルの部分から工夫していくことが必要です。

  • メールタイトルは人物像が分かるように
    女性側は、たくさんの男性から数えきれないほどのメッセージが送られてきます。それらを1つ1つ開いて読むことはとても面倒です。そのため、メール一覧の中から目についたものだけを読むことがほとんどでしょう。

    そのため、タイトルでいかに意識させるかが重要になります。「はじめまして」や「会いたいです」といった内容では相手にしてもらえません。人と違う内容を意識して、目立つようにしましょう。

  • ファーストメールは短めに
    女性に初めてメッセージを送る時、あまりに長いと途中で飽きられてしまいます。目安としては5~6行でしょう。要点だけをまとめて、次のメールにつなぎましょう。質問を添えると、相手が返信しやすくなるはずです。
  • 相手のことを話題に出す
    失敗する人にありがちなことが、自分のことしか書かないということです。相手にとっては「自分のことを何もわかっていない」と感じてしまいますし、コピー&ペーストで同じ文章を大量の女性に送っていると疑われてしまいます。

    それらを避けるためには、しっかりとプロフィールを読んでそのことを話題に出すことが大切でしょう。

  • 良いことばかり書かない
    会いたいという気持ちが大きすぎるあまり、ついつい自分を大きく見せてしまいがちです。相手にとっては胡散臭いですし、親しみもわきません。自虐的になることはもちろん良くありませんが、謙虚ながらも自信のある態度を心がけてみましょう。
  • プロフィールは自分色を出す
    自分の人となりを知ってもらうための大切な欄です。「会いたいです」という文章はありきたりでほとんど意味がありません。趣味や特技、ブームなど、自分だからこそ書ける内容を心がけてみましょう。

出会い系サイトで出会うためには、プロフィールやメッセージの書き方に気を配る必要があります。人となりが分かり、謙虚な文章を心がけることで女性からも好かれるはずです。

関連記事