最近のニュースで管理人がひじょうにガッカリしたニュースがあったので紹介したいと思います。

日本では今年2016年に大きな地震がありました、そんな地震の被害を受けた人たちを助けるためにファミリーマートなどのコンビニのレジ脇に「地震被災義援金」の募金箱が設置されています。
日本全体で地震被災者を手助けしようといった行為を逆手にとった、卑劣な行為に勤しむ輩がこの日本に少なからず存在しているのです。

悪質商法に「注意を」 震災便乗、県が呼び掛け [福岡県]
熊本地震に便乗した悪質商法に注意するよう、県が注意を促している。不審な電話や業者の来訪があった場合、消費生活センターへの相談を呼び掛けている。

県によると、県消費生活センターにあった地震絡みの相談は1件。久留米市の男性に業者から「地震で屋根のネジが緩んでいるかもしれない。無料で点検したい」と電話があったという。県は「点検は無料でも修理は有料。見積もりを要求し、家族などに相談することが大切」としている。

「義援金集め」と称した詐欺や、「地震速報」を装って出会い系サイトに案内するメールなどに注意が必要という。県は最寄りの消費生活相談窓口を案内する消費者ホットライン「188(イヤヤ)」の利用を勧めている。
参照:悪質商法に「注意を」 震災便乗、県が呼び掛け [福岡県] – 西日本新聞

今回、このニュースが掲載されたということはすでに騙されてお金をとられた被害者が出ているのでしょう。
日本が一つになって頑張ろうとしている気持ちを踏みにじる行為に腹が立ってきます。
真面目に運営している出会い系サイトもあるので、このようなニュースが出るたびに世のなかの人たちから「出会い系サイトは悪」といった誤った認識を根付かせてしまいかねません。

当サイトではスタービーチについてまとめたサイトですが、スタービーチの運営においては法律の範囲内でしっかりとしたルールを守っていたことが思い出されます。
実際に無料出会い系サイトのスタービーチが愛されたのは、そのような実績や運営体制にあったことも理由の一つなのかもしれませんね。

関連記事